Archive for the ‘不満’ Category

寛容であった出会い直後の時期


2013
10.25

ドアをしっかり閉めるのを忘れていた。もちろん鍵も鎖もかけなかった。その直後、銃を持った男が入ってきた。もし現場にいたら、犯罪了承者と犯罪者が対面しているという、とても不思議な光景を見ることになっただろう。強盗は伝統的な心理学を堅く信じているようだった。そして「財布を出せ」と言った。彼は、自分でも驚いたことに(驚いた理由は、自分が選択理論を実践していたからである)、強盗に「財布はあげないけど、お金はあげる」と言った。犯罪者は彼の投げたわずかばかりのお金を床から拾うと、逃げ去った。もしこの強盗が、外的コントロール心理学の忠実な実践者であったなら、彼は生きていなかったろうし、この話を聞くこともなかったろう。強盗が手にしていた銃は、外的コントロールの手段としてはきわめて強力なものである。友人が財布を波さないという選択をした直後に、強盗も選択理論に変わって、撃たないという選択を危機一髪のところでしたのだ。異常と思えるような選択であったとしても、選択ということが、本音のすべてである。強盗ですら外的コントロールを使ったほうがよいと思えるときでも、使わないことが可能なのだ。であるなら私たちにもそれほど困難ではないはずでしょう。人生で自分が不幸なときには、不幸の原因が他人にあると他人を責めることが多い。また、自分の思いどおりに事が連ばないときには、他人をコントロールしようとする。でもこの例からもそれが盲点であり、自分はどんな困難な状況であっても選択できるということが分かるでしょう。そうすれば、どのような相手との関係であっても幸福に満たされたものに変換させることは、そこまで難しくないということが分かるのではないでしょうか。相手をすべて受け入れて寛容であった出会い直後の時期に戻ることを選択することはそんなに難しいことではないんですよね。

相手に対して大いなる不満を抱えている人


2013
10.16

なぜ今の時代、ここまで離婚が多くなってしまうんでしょうかね。常に相手に対して大いなる不満を抱えている人は多いですから。家族のために身を粉にして働いているのに、まったく感謝されていません。そんな不満を抱いている男性は今どんどん増えているようですね。こんな話を聞きました。

『妻はいつも「そのことはお父さんに聞きましょう」と言います。彼女にとっては、僕はもう男ではなく、お父さんなんです。僕は彼女の父親になったつもりはありません。いつの間にこうなってしまったのでしょうね。僕はこれまではとても冷静な男性だと思われていました。女性は僕のことをセクシーだと思ってくれていました。僕には、目標、希望、夢がありました。今や僕がもっているものといえば、住宅ローンと、批判的でイライラしていて、末娘の亭主として不足だと思っている義理の母親、そして、夫よりも子どもに関心のある妻だけです。 (さらに…)