Archive for the ‘情報’ Category

加齢臭という現象


2015
02.14

加齢臭と同じような言葉にオヤジ臭という言葉があります。これは男性のほうが加齢臭のもとになる脂肪酸を多くだすからなのですよね。加えて、タバコや汗の臭いや口臭などが混ざり合ってオヤジ臭になるという事のようなのですね。加齢臭というのは生活習慣病とも関係しているようなんです。脂肪分やコレステロールが多いかたよった食生活をしていると、脂肪酸や活性酸素が増加してしまいます。そして活性酸素が増加すると脂肪酸が酸化しやすくなるのですよね。ちなみに女性は、体内でつくられる活性酸素の量が少なく、香水などをつけて体臭にも気をかけている人が多いので、男性よりも加齢臭が際立たないというわけなのですね。さらに男女の違いとして、体毛は男性のほうが濃いのに、どうして髪の毛は男性のほうが薄くなってしまうのだろうか、というものがあります。髪の毛を薄くする原因にも、性ホルモンが深く関係しているようなんですね。体毛は男性ホルモンの影響で濃くなるわけです。しかし男性ホルモンには髪の毛を逆に薄くしてしまう作用があるということなのですね。
既婚者が出会い系サイトで浮気

せっかくの出会いを無駄にしたいために


2014
05.09

女性は結論を出すことが好きではないと言われますよね。会話にそのことが典型的に表れます。とにかく話していること自体に意味があり、そこで議論し結論を出すことは論外な場合が多いようです。話し合って仲間意識を高める、それが和を重んじる女性の脳の特徴だとも言われたりします。その特徴があるので、男性にも好きだとか嫌いだとか断定的な態度を取ることは少ないのだとも言われます。それを男性は思わせぶり、どっちかにしてくれよと思ってしまうのですね。女性は無意識のうちにどちらでもない態度を取ったり、好きでもないのに、優しくしたり、ということで男性はますます困惑してしまうのです。白黒をつけたい男性脳は、このような女性の態度にいら立ってしまうわけです。それはまるで女性の作戦のように思ってしまうがそうではないということをしっかり理解することが重要です。無意識の女性脳の特性に従った行動なのですから。だから女性の本音を知るには、そういった事を理解した上で無意識に出てしまう仕草などをつぶさに観察する必要があるということなんですよね。本音を知らないとせっかくの出会いが無駄になってしまいますから。
大人の出会い エッチな出会い系サイト

不必要な罪悪感


2013
10.24

外的コントロールが支配する世界は、不必要な罪悪感で満ちている。選択理論を学べばこのような罪悪感を抱くことから解放される。多くの母親は、外的コントロール心理学に依存して、子供たちに罪悪感を抱かせようとしている。しかし、母親の期待にそむいて罪悪感を抱くのも一つの選択である。罪悪感を抱かせることに熟練した母親には選択理論の学習は簡単とは思えないが、あなたが身につければ、あなた白身も自由になって、より良い選択ができるようになっていることに気がつくでしょう。選択の白由について顕著な例がある。ある犯罪学者の行動によってうまく例証されているのです。彼は外的コントロール心理学と選択理論の間にある理論的相違は重要でないと考えていた。ほとんどの人がまずい選択と考えることを彼は実行してみた。 (さらに…)

罪悪感を選択する必要がない


2013
10.23

私たちが言われたとおりのことをするときは、自分の持っている情報に基づいてそれをする選択をしたからである。電話の場合、電話に出たくなかったら、鳴るにまかせることもできる。留守番電話機能に答えさせる。電話回線を引き抜く。誰かに言って、出てもらうこともできる。私たちの選択する行動はどんなものも、自分の頭脳の中から生まれてくる。選択理論は、あらゆる生物と同様、人間が内側から動機つけられていることを説明している。なぜ電話に出るのか。なぜその他のいろいろなことをするのか。理由を知って何が違うのか。確かに行動をしたが、それがどうなのだと、あなたは尋ねるかもしれない。電話のベルのように簡単な機械的な情報の場合、大した違いはない。つぎの信条は、もっと複雑になる。人がしたくもないことをさせようとし、誰かがあなたの行動をコントロールできると信じる場合に、選択理論と外的コントロールの間に大きな相違が見え始める。 (さらに…)

すべてが情報


2013
10.22

ベルが鳴るから受話器をとるのではない。私たちが応答したいから、受話器をとるのである。瞬時であったとしても、電話に出るときはいつでも出るのが選択だと思っているのだ。そう思わなかったら、電話に出ることはないであろう。しかしこう反論するかもしれない。ベルが鳴っても電話にでなかったら、「もし、ベルの目的は何なのだ。鳴らない電話に出ることなどまずしない」ベルの音は確かに目的を持っている。しかし、あなたに答えさせるためではない。それは情報を提供するためなのだ。ここにいる誰かと、電話の向こうの人が話したがっていることを伝えるためである。電話のベル、そして、外界から私たちが知覚するすべてのものは、休内から知覚するものを含め、すべて情報なのです。しかし情報はコントロールではない。選択理論によると、刺激は人をコントロールして何か特定の選択をさせるようなものではない。 (さらに…)