罪悪感を選択する必要がない

2013
10.23

私たちが言われたとおりのことをするときは、自分の持っている情報に基づいてそれをする選択をしたからである。電話の場合、電話に出たくなかったら、鳴るにまかせることもできる。留守番電話機能に答えさせる。電話回線を引き抜く。誰かに言って、出てもらうこともできる。私たちの選択する行動はどんなものも、自分の頭脳の中から生まれてくる。選択理論は、あらゆる生物と同様、人間が内側から動機つけられていることを説明している。なぜ電話に出るのか。なぜその他のいろいろなことをするのか。理由を知って何が違うのか。確かに行動をしたが、それがどうなのだと、あなたは尋ねるかもしれない。電話のベルのように簡単な機械的な情報の場合、大した違いはない。つぎの信条は、もっと複雑になる。人がしたくもないことをさせようとし、誰かがあなたの行動をコントロールできると信じる場合に、選択理論と外的コントロールの間に大きな相違が見え始める。例えば、もし私が選択理論を知っていれば、あなたが私の家のようなすばらしい家を自分も持っていたらいいのにと言っても、私は罪悪感を抱くことはない。もし私が何かをしたことによって、あなたがすばらしい家を持てなくなったのなら、私は罪悪感を持つ選択をするかもしれない。しかし、そのようなことをしていなければ、罪悪感を選択する必要がないでしょう。

Your Reply