不必要な罪悪感

2013
10.24

外的コントロールが支配する世界は、不必要な罪悪感で満ちている。選択理論を学べばこのような罪悪感を抱くことから解放される。多くの母親は、外的コントロール心理学に依存して、子供たちに罪悪感を抱かせようとしている。しかし、母親の期待にそむいて罪悪感を抱くのも一つの選択である。罪悪感を抱かせることに熟練した母親には選択理論の学習は簡単とは思えないが、あなたが身につければ、あなた白身も自由になって、より良い選択ができるようになっていることに気がつくでしょう。選択の白由について顕著な例がある。ある犯罪学者の行動によってうまく例証されているのです。彼は外的コントロール心理学と選択理論の間にある理論的相違は重要でないと考えていた。ほとんどの人がまずい選択と考えることを彼は実行してみた。そのとき外的コントロール心理学の脅威を受けたが、使用されずに、彼は命を落さずにすんだ。彼は学会に出席するためラスベガスに行き、ある豪者なホテルに投宿した。彼の仲間は、ホテルでは部屋に入ると、すばやく鍵をかけ鎖をかけるように警告していたが、彼はこの情報にあまり注意を向けていなかった。

Your Reply